クレジットカード利用時に手数料がかかる場合がある?

クレジットカード利用時の手数料についてです。
買い物や食事の際に、支払いをクレジットカードで行うことも最近ではよくある光景です。
現金決済をした場合、クレジットカード決済をした場合でも、請求される金額は一緒です。
クレジットカード払いにすると特典サービスがつく場合は、こちらの方が得かもしれません。
ところがたまにクレジットカードを利用する際には、代金とは別に手数料が請求されるケースもあります。
クレジットカードを使う時に手数料を請求される時とは、一体どのような条件が発生した時でしょう。
この場合のクレジットカードの手数料は、カード会社と提携している店の負担分です。
クレジットカードに対応するには、その店がクレジットカード会社と一定条件で契約を結ぶことが求められます。
支払いにクレジットカードが使われると、その支払額によってカード会社に支払うべき金額が決定されます。
店舗側としては、キャッシュで払うよりクレジットカードで払う方が、手数料ぶんの損をすることになります。
クレジットカードを使ったことで生じた手数料ぶんを客の支払額にすることで、店側は得ができます。
とはいえ、客側がこの時生じた手数料を払うことはクレジット会社側が禁じており、契約内容に違反したことになるといっていいでしょう。
クレジットカードを利用した時は、本当に支払い義務がある手数料かを見極めてください。